kintone関数で和暦を表示する!(アプリテンプレート付き)

みなさんこんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。
この記事は、YouTube動画との連動企画です。

標準機能で和暦を表示する(kintone関数の活用アイデア)
https://youtu.be/0PUYCrjuWZI

“和暦表示アプリテンプレート” をダウンロード 和暦表示App_元年あり.zip – 50 回のダウンロード – 17 KB

和暦表示の例:日付を入れると和暦の年月日を表示する

上の図のように、日付フィールドの日付から、和暦の年月日を表示するためのフォーム設定の方法です。

計算機能や関数を利用しますが、今回は一発で計算することができません。途中過程として2つの中間フィールドが必要となります。

フィールド名(フィールドコード)フィールドタイプ計算式
年月日計算DATE_FORMAT(日付, “YYYYMMdd”, “system”)
計算DATE_FORMAT(日付, “YYYY”, “system”)

これらの中間フィールドを使って、元号を判断し和暦表示するための自動計算を設定します。

ポイントは、2つの中間フィールドのフィールドタイプが計算フィールドとなっていることです。計算式の中で数値の大小比較(>=)や引き算を行っています。このような大小比較、数値演算はデータ形式が数値でないとエラーとなってしまいます

計算フィールドの計算式でDATE_FORMAT関数を使うと、結果が数値の場合はデータの形式が文字列ではなく、数値として扱えるようになります(計算フィールドの文字列→数値変換機能)。

2020年1月の kintoneアップデートで、DATE_FORMAT関数が計算フィールドでも使用できるようになりました。これによって上記のようなことが可能となりました。

計算式サンプル
IF(年月日 >= 20190501, "令和" & 年-2018 & "年",
    IF(年月日 >= 19890108, "平成" & 年-1988 & "年",
       "昭和" & 年-1925 & "年"
    )
) & DATE_FORMAT(日付, "M月d日", "system")

もう少し関数を応用すると「元年」表示も可能になります。

計算式サンプル
IF(年月日 >= 20190501,
    "令和" & IF(年-2018 = 1, "元", 年-2018) & "年",
    IF(年月日 >= 19890108,
        "平成" & IF(年-1988 = 1, "元", 年-1988) & "年",
        "昭和" & IF(年-1925 = 1, "元", 年-1925) & "年"
    )
) & DATE_FORMAT(日付, "M月d日", "system")

今回紹介したのは、kintoneの計算、関数を活用して和暦の元号表示を行うという方法でした。他にも関数を活用することで、さまざまな応用が可能です。従来であればJavaScriptカスタマイズが必要なことも、関数の充実によってかなりのことが実現できるようになりました。

質問や新しいアイデアがありましたら、動画のコメントか、ツイッターやお問い合わせフォームから連絡してください。

“和暦表示アプリテンプレート” をダウンロード 和暦表示App_元年あり.zip – 50 回のダウンロード – 17 KB

kintone導入・活用のご相談はこちら!

こんな悩みを抱えていませんか?

◇ kintone導入がなかなか進まない
◇ アプリが思ったような動きをしてくれない・・・
◇ カスタマイズやプラグインをどう選んだらいいの??
◇ 業務改善の進め方がよくわからない

サイボウズ公認 kintone エバンジェリストの 松田正太郎があなたの相談相手になります。
保有しているkintone認定資格:
・kintone認定アソシエイト(2017)
・kintone認定アプリデザインスペシャリスト(2017)
・kintone認定カスタマイズスペシャリスト(2020)

★業務改善アドバイス、kintone構築支援
★連携サービス・プラグイン選定支援、カスタマイズ
★詳細ヒアリングの上、御社に最適なプランを提案します
★初回打合せ(2時間程度)は無料。まずはお問い合わせください!(WebミーティングOK)